たみについて

たみについて

たみは、ゲストハウス、カフェが併設した場所です。

今日の社会では、インターネットの発達によってマスメディアだけでなく、
個人による情報発信が容易となり、自分の欲しい情報やものが手に入りやすくなりました。
また、自分の会いたい人には、ボタンひとつでつながりやすくなり、
人との関係は物理的な距離感だけでなく、ネット上にも存在するようになりました。
そうした多様な情報が溢れる社会の中で、なんでも"しやすい"サービスを受け続けた私たちは、
旅ひとつとってみても、前情報を入手した上で確認するように見物したり、
お金を出す以上の付加価値を、サービスの中に求めてしまっている気がしています。
旅ってのは、生きるってのは、もっとシンプルなものなはず。

たみでは、宿泊やカフェ利用、催しなどを通じて、
たみに訪れる人々やたみに想いを馳せる人々が、本当に自分の必要なものを見つめ、
新たな暮らしを創造する機会を提供していくことを目指します。
もし、あなたが望めば、膨大なお金や技術を用いずに自分の必要なものごとを
自由に選んだり、探したり、つくったりすることができるかもしれません。
たみのある町は、昔から続く温泉旅館や大衆浴場があり、東郷池が毎刻素敵な表情をしています。
日本海の魚介や山で採れる野菜や茸など、豊かな自然食材に恵まれています。
長い歴史を経て培われてきたこの地で、あなたとお会い出来る日を心から楽しみにしております。

たみでは写真撮影禁止

近年、インターネットでの情報の回る速さや情報の多さに慣れてしまったために、
電話番号や漢字が覚えられないように、パソコンやインターネットがなかったときの感覚を
忘れてしまいそうになるときがあります。仕事や日常ではまだしも、旅や移動をしていても、
インターネットはすぐそばにあり、誰もがカメラを持っている社会となりました。
私たちは、旅や移動をしてる時間ぐらいは、意図的にそれらを忘れて、
外部入力やメディア媒体なしに、人間の身体を存分に使ってほしいと思い、
たみの館内では、写真撮影を禁止にさせていただきました。
たみでの思い出の記録を、写真以外の方法で、心に残してみてください。
ご協力よろしくお願い致します。