ぐちゃぐちゃのハーモニー

2015/12/26

陽気なスペイン人のゲストに、英語は分からないが、
スタッフを通じて英語での会話を試みる地元のおっちゃん達。
シャイなドイツ人のかわいいお姉さんも加わって、
なんだかにぎやかになった気配に降りてくる住人たち。

閉店おかまいなしだったが堂々と立ち寄ってくれた常連のおっちゃんに連れ3名。
もうこうなったら、堂々と迎え入れる私。

軽快なチドリ足で「ここはワールドワイドだ」と真ん中の席にいたゲストの横にさっと座る、
他の3人は奥の席でまったり腰かけ珈琲を注文して、
たみに入る前にしていた話しに熱が再びともり始める。

真ん中の席ではつたない英語で会話をしていた住人とゲストとの会話に、
なんの空気も読まない最高な質問をひたすらに投じ続ける酔っぱらいのおじさま。

ひたすらろれつの回らない日本語ではなしかけるおじさまに、なんとか通訳を試みようとする住人、
おじさまの質問を軽やかに交わしながら他の話しをするスペイン人、それを聞くまた別の住人、
そのカオスな状況を爆笑しながら見るシャイなドイツ人、
「good bye good bye, baby」と陽気に歌を歌って帰っていく連れの人たち。
最後の最後、ドンの雰囲気を醸し出した常連はタクシーを呼んで帰っていく。


12月は振り返ってみるとお客さんが少ない日がおおかったけれど、
たまに起こる奇跡みたいな噛み合なさの先にあるハーモニーが最高でした。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

<< めーつかおにっきのトップに戻る