日曜日の夕方

2018/11/25

日曜日の夕方。
ランチのお客さんも終わって、ひとやすみの時間。
もらったさつまいもがたくさんあるのでスイートポテトでも作ってみよう。
さつまいもをふかしていたら近所の女の子がやってきた。
わたしがスイートポテトをつくるのをカウンターの向こうでじっと見ている。
わたしは料理が得意なほうではないので少し緊張しながら、小さい頃、お母さんがお菓子を作っているのを見てるのが好きだったなあと思いだす。
そういえば、お母さんだけじゃなくて、だれかが何かをやっている様子をじっと見ているのが好きだったなあ。小学校の頃は休み時間に友達が絵を描いているのをじっと見ていたし、高校生のときは放課後好きな人がギターを弾いているその指をずっと見ていた。なんか安心するんだよなあ。
いつの間にか女の子はわたしの横にぴったりくっついて、さつまいもがつぶされていくのをじっと見ていた。
落ち着くまで、いつまでも、そこにいていいんだよ。

(あらり)

<< 前の記事

<< めーつかおにっきのトップに戻る