Ha・tsu・yu・me!

2020/1/ 6

明けましておめでとうございます。
初夢の話。

私はいつものようにたみに仕事に出かける。
たみに着いたらいろんなスタッフがいて、ゲストも、カフェのお客さんもいっぱいいて賑わっている。忙しそう。。

私はスタッフとして動こうとしたけど、なんかいてもいなくてもどっちでもいいような、役に立たない雰囲気で。あぁー!
なんでだ〜!今日は私シフトに入っているのかな?と確認しようと思ったら確認の仕方がわからなくなっていた。
友達や近所の人にシフトの確認できる?って聞いても誰も分からなくて教えてくれなかった。そりゃ、当たり前だ。

ここで、目が覚めた。

私は2019年12月いっぱいでたみスタッフを卒業した。
2月始めに子どもを産むため。
これ以上働けないのは今はどうしようもないことなんだけど、やっぱりもっと働きたかったんだなぁ。

3年前に東京から1人松崎に来て、ゲストハウスのカフェ店員という一番苦手な料理と接客の仕事をすることに決めて、どうなることかと思ってたけどなんだかんだ頑張ったら楽しかった。
苦手なことを克服するってことをたみに教えてもらった。

たみで働いていたら、たまたまいい人と出会って結婚して子どもを授かった。

毎日ミラクルなことが起きている。
たみって不思議な場所だったなぁ。


もしかしたらこれも夢かもな。

(みず)

<< 前の記事 | 次の記事 >>

<< めーつかおにっきのトップに戻る