6月30日 くもり みやけ

2020/6/30

20200701021303.JPG
今日は、Yでうかぶの社員の渋谷くんの社内向け送別会でした。
渋谷くんは来月で約4年?のうかぶ生活を終えます。

現メンバーと元スタッフも何名かと、総勢15名くらいでそれぞれの持ち寄ったごはんを食べる会。
順番に渋谷くんにメッセージを伝える時には泣く人も現れたりして、
渋谷くんと同じようにおだやかでやさしい時間がながれてた。


以前、たみによくくる遺伝子研究の人が、
植物の遺伝子には、違う植物の遺伝子の文字の羅列の一部が
そのままみられることがある、と言っていて、なるほど、と思ったんだけど、

うかぶもまさに、そうだなーと。
これまで働いてくれたスタッフと今のメンバーの経験や知識が血と肉となって、
卒業してもその人の遺伝子の組織に一部埋め込まれていく感じ。

渋谷くんイズムがそこに生きたまま、また新しいメンバーで呼吸をしていくんだなーと思った。


渋谷くん、改めておつかれさまでした。
本当にありがとう。

今日の渋谷くんいい顔してたなー。

さて、みーちゃんからの質問。
最近、美しいなぁと感じたモノ、コト、経験、とのことだけど、
今日の会で、やっぱり終わりは美しいなぁと思いました。
終わりは、その物事の一つの結末であると同時に、
新しい始まりをはらんでいるので、
ただ寂しい感じではないのが、いいですね。
夕日のような。
また明日登るために今落ちてるんです、と。

次はカトちゃん。カトちゃんはこれまでの人生で、
終わりを想像して物事を始めたことってありますか?


<< 前の記事 | 次の記事 >>

<< めーつかおにっきのトップに戻る