五穀塩断ち in たみ

2017/2/14|

  • 五穀塩断ち in たみ

料理研究家・井口和泉さんといっしょに、からだとおしゃべりしてみましょう。
期間中、口にして良いのは、「そば、野菜、くだもの」です。一口を百回噛み、五穀と塩を断つことで、素材そのもののなかにある繊細な塩味や甘み、旨みを感じてみます。植物性の素材のみでご飯を作ります。

五穀とは、日本書紀と古事記によって記述が違いますが、古事記にあります「稲、粟、小豆、麦、大豆」を採ります。また、素材そのものでなくとも、それらの加工品である「酒、酢、味噌、醤油、砂糖、米油や大豆油、あんこ」なども摂りません。酢は果実の酢、油はオリーブオイルやひまわり油など。揚げ物の衣は葛粉や片栗粉などです。

体がだるくなったり、眠たくなったりもするので、お昼寝や散歩、読書などもして過ごします。

開催日|2017年2月27日(月)〜3月3日(金)
参加費|1200円/1日

開催中は、井口さんとジャタニと、幾人かの友人らでたみに泊まり込みで実行してます。
2/27の夜からよく噛んで食事をして体の準備をはじめ、2/31にも、いきなり炭水化物をとらずに、そばなどをよく噛んで回復食とします。のんびりしていますので、気になる方はいつでもジョインナス〜?

井口和泉プロフィール:
旅する発酵料理家。日本腸美人協会 特別講師 日本腸美人協会 講師。代官山イル・プルー・シュル・ラ・セーヌにてフランス菓子、料理を学ぶ。同校、ル・コルドン・ブルー東京校、フランス国立製菓学校イッサンジョー校にてデイプロム取得。福岡での料理教室の他、他校や各種イベントでの講義、商品開発、暮らしと食卓まわりについての執筆などで活躍。
料理教室「発酵の三・五・七日間」を全国各地で大人気。インスタで「うつくしき」発酵レシピなど日々更新ヘルシーでカラフル、美しいは美味しいがモットー☆最近、畑を始めました。趣味は保存食作りとピクニック。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

<< おしらせのトップに戻る