にんげん研究会 inことめや

2018/3/16|

  • にんげん研究会 inことめや

「にんげん研究会」(にんけん)とは、鳥取大学の学生らといっしょに、"にんげん" をテーマに研究する集まりです。3月は、鳥取市にある「ことめや」を会場にして開催します。 様々なマイノリティ性を抱えた表現者が集まって創られたパフォーマンス作品「東京境界線紀行『ななつの大罪』」(2006年発表)は、表現活動における〈障害〉の概念への問題提起として大きな評価を得ました。その伝説的なパフォーマンスの記録と、作品に関わった人たちの10年後を検証する映画「記憶との対話」(http://mimajo.net/)の上映を通じ、〈障害〉と〈健常〉の境界線の再考、障害と表現活動、そして多様な人々と共に生きる地域の姿を考えます。

 パフォーマンスを製作した「マイノリマジョリテ・トラベル」と、映画を製作した「マイノリマジョリテ・トラベル・クロニクル実行委員会」の活動紹介、映画上映(約60分)後、映画が提起する問題をきっかけとしながら、ゲスト(実行委員会代表:樅山智子さん、事務局:長津結一郎さん)を交えて、参加者と共に対話を深めていきたいと思います。

日 時|3月16日(金)18時-21時
会 場|ことめや(鳥取市瓦町527)
参加費|無料
定 員|25名(先着順)
ゲスト|樅山智子(作曲家)、長津結一郎(九州大学助教)
司 会|蛇谷りえ(うかぶLLC)

*マイノリマジョリテ・トラベルとは?*
代表・樅山智子の呼びかけで2005年に立ち上げ。2006年に「障害」と「健常」、「マイノリティ」と「マジョリティ」の境界線に問いを投げかけ、その線引きの行為を可視化するパフォーマンス作品「東京境界線紀行『ななつの大罪』」を発表。表現活動における「障害」の概念への問題提起をし、その先見性と実験性が評価された。
公式サイト http://mimajo.net/
Facebook https://www.facebook.com/mimajo2005/

詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://ningenkenkyuukai.hatenablog.com/

<< 前の記事 | 次の記事 >>

<< おしらせのトップに戻る