ちいさな出版物の「設計図」をつくるワークショップ

2019/3/24|

  • ちいさな出版物の「設計図」をつくるワークショップ

本や雑誌なんて、誰にでもつくれる!!やってみたいけど、どうすれば最初の一歩が踏み出せるか判らない人たちに入り口をご用意します。
ミニコミ、リトルプレス、zine、フリーペーパーなど呼びかたはいろいろありますが、要は少部数・自主流通のちいさな出版物のことです。
それらをつくる第一歩として、「設計図」を一緒に考えていきます。
出版や編集の経験は必要ありません。年齢も不問です。お子さんと一緒の参加も歓迎です。「こんなものをつくってみたい」「こういう内容をカタチにしてみたい」という気持ちがあれば、誰でも参加できます。


日 時|2019年3月24日(日) 15:00〜17:30
会 場|たみ (鳥取県東伯郡湯梨浜町中興寺340-1)
参加費|2,500円(1ドリンク・材料費含む)
定 員|12名
持ち物|自分の好きな雑誌、リトルプレス、フリーペーパーなど1冊。筆記具。
講 師|南陀楼綾繁 (ライター・編集者 不忍ブックストリート代表)
予 約|0858-41-2026 or mail@tamitottori.com


南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)
1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。出版、古本、ミニコミ、図書館など本に関することならなんでも追いかける。2005年から谷中・根津・千駄木で活動している「不忍ブックストリート」の代表。各地で開催される多くのブックイベントにも関わる。「一箱本送り隊」呼びかけ人として、石巻市で本のコミュニティ・スペース「石巻まちの本棚」の運営にも携わる。雑誌『ヒトハコ』(書肆ヒトハコ)編集発行人。著書に『編む人』(ビレッジプレス)、『本好き女子のお悩み相談室』(ちくま文庫)、『蒐める人』(皓星社)などがある。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

<< おしらせのトップに戻る