裏からの政治 〜第5弾 オリンピックと芸術 編〜

2019/4/21|

  • 裏からの政治 〜第5弾 オリンピックと芸術 編〜

ひとは、表現する。表現しながら生きている。だけど、この社会では表現しやすいことと、表現しにくいことがある。炎上し、封殺される言論。ふと思いついたことも法や制度によって制限され、自由がきかなくなる。このプロジェクトでは、地球上で起きている様々な出来事をめぐって、それぞれの関心や疑問を出しあい、気がかりなことや情緒的に揺さぶられることも含めて「表通り」では話しづらいかもしれない「政治」を身近に、「裏道」や「抜け道」も駆使しながら日々の生活=生存に抜き差しならないものとしてとらえ直したい。わたしたちの人権と表現の自由や創造性を或る日突然奪われないために。そして既に奪われてしまっている権利を取り戻すために。
第5弾は「オリンピックと芸術」をテーマにさまざまな切り口で様々な立場から言いたいことを発表していきます。恒例となってきた持ち寄り&投げ銭の「梨のつぶて飯」とDJによる音楽とともに、カオスティクで和やかな場に、あなたも参加しませんか?

発表者とタイトル:
渡邊太「文化総動員体制」、ジャタニ「オリンピックと広告」、京都からのゲスト「国民国家vs古代ギリシャ~迫り来る労働廃止と直接民主主義~」、金ちゃん「本邦発 いまあきらかになる。1936年、幻の人民オリンピック!!」、 しゅう「ノケモノがケモノを呼ぶ時代?オリンピック、アセンブリ、コミューン~李 珍景『無謀なるものたちの共同体』~」そのほか。
※一人15分ほど発表したあとディスカッションをしていきます。発表者や発表内容は都合により、予定を変更する場合もあります。

日 時|4月21日(日) 13:00〜16:00
会 場|たみ (鳥取県東伯郡湯梨浜町中興寺340-1)
参加費|投げ銭+1オーダー (予約不要)
主 催|梨のつぶて

<< 前の記事 | 次の記事 >>

<< おしらせのトップに戻る