「旅する音楽食堂 タイ編」

2019/11/16|

  • 「旅する音楽食堂 タイ編」

2019年1月から3月の2ヶ月間、国際交流基金アジア・フェローシップとしてタイに滞在していた、やぶくみこさん。東南アジアの文化の合流都市であるタイを中心に、アジアの音楽の多様性と即興音楽、新しい音楽の可能性を調査していたそうです。今回は「旅する音楽食堂 タイ編」と題して、タイ各地の伝統音楽の中にある即興性、路上の音楽、そして最近のタイの音楽事情を映像と音楽をたっぷりご紹介いただきます。鳥取市はY Pub&Hostelで、湯梨浜町はたみで二日間連続開催します。たみ開催は特別に、やぶさんが現地で食べまくったおいしいカオマンガイをもれなく再現!タイの味と音楽を一緒にお楽しみください。

日 時|11月16日(土) 18:00〜20:00
会 場|たみ (鳥取県東伯郡湯梨浜町中興寺340-1)
参加費|2000円(カオマンガイとドリンク付)

リサーチプログラム:
音楽は本当にユニバーサルなのか? さまざまな文化背景を持つもの同士が音楽のコラボレーションと即興演奏を通して、音楽の調和と逸脱の中にある人としての幸福の最大公約数の見つけ方を模索しているやぶさんは、「多様性を認めるアジアの即興音楽」というテーマでリサーチしてきました。
詳しい内容は、平成30年度国際交流基金アジアセンターでのwebレポートをご覧ください。
https://grant-fellowship-db.jfac.jp/ja/fellow/fs1813/?fbclid=IwAR19M-e_T4V0UX1g_9Q8D2U8CH_0PI6e1Y7XWrqDbWPcrdwzdkgPlZLGtn4

やぶ くみこ:
音楽家/作曲家。1982年岸和田生まれ。英国ヨーク大学大学院コミュニティーミュージックを修了。舞台音響家を経て音楽家へ。
東南アジアや中東の民族楽器を中心に国内外の舞台音楽の作曲、演奏や他ジャンルとのコラボレーション多数。2015年にガムラン・グンデルによるソロアルバム「星空の音楽会」。2016年に箏とガムランと展覧会「浮音模様」を美術家かなもりゆうこと発表。淡路島にて野村誠と「瓦の音楽」を2014年より監修。京都にて即興中心のガムラングループ "スカルグンディス"を主宰。京都市在住。
https://www.kumikoyabu.com/

<< 前の記事 | 次の記事 >>

<< おしらせのトップに戻る